折り紙クリエイターshokoの 折り紙の日々

折り紙が1枚あれば、5分後には何かが出来上がっています

頭がいいの定義ってなに?

最近読み終わった本があります。

f:id:shoko-origami:20180802154342j:image

頭がいい人はなぜ、方眼ノートを使うのか?

 著者:高橋政史

 

私はもともと方眼ノートをつかっていて、ノートの書き方を習ったことがあります。

上の写真の方眼ノートの書き方とは違います。
f:id:shoko-origami:20180802154346j:image

習った時はこんな感じ。

ノートを何ページにもわたり書いても見直さない。

結局言いたいことが分からない。

あとからノートをまとめる時間なんてはっきり言ってない。

だったらA4用紙1枚にまとめて見返せばいいじゃないか。

そんな考えからうまれたノート術を習いました。
f:id:shoko-origami:20180802154337j:image

習ったあとに、香水の本を読んでまとめたもの。
f:id:shoko-origami:20180802154332j:image

これはこの間参加したセミナーのノート。

 

大体2時間〜6時間の講義は私はA4の方眼ノート1枚にまとめています。

そしてそのセミナーや講義中にこのノートは完成します。 

このノートとるの難しくないですか?って聞かれるんですけど、慣れがほとんどなので新聞の社説とか気になる雑誌、例えばファッション特集とか読みながらまとめる練習をすればそんなに難しくありません。

 

そして今回とある機会にめぐまれて、今度は青木文子さんという方が開催する方眼ノートの講座に参加します。

peraichi.com

これ( ´ ▽ ` )ノ

楽しみ。

この本で登場するノートのとりかたの方法の1つは私が中学生の時に理科の先生に教えてもらったものと全く一緒。

この本を読んでいく中で私の頭の中で疑問がわきました。

はて?

そういえば?

頭がいいの定義ってなに?

東大生は方眼ノートを使っている。

外資コンサルタントは方眼ノートを使っている。

ただ、なにをもって頭がいいのかの定義はどこにも書いていない。

 

そんなわけでメルマガに感想というよりは質問です。

青木さんにとって頭がいいの定義ってなんですか?ちなみに私はこう思います。と送ったところ、お返事をいただきました。

 

さあ、それがどうなったかはまた後日。

 

ちなみに私は、頭がいいの定義は沢山の選択肢からTPOにあわせた選択ができることだと思ってます(具体例があったほうがいいかもしれないですがここでは省きます)

 

もしよかったらみなさんの思う頭がいいの定義も教えてください。

 

私のノートのとりかたが変わるかどうか。

お楽しみに。

 

 

f:id:shoko-origami:20180503210715j:plain

セルフマガジンができました。1冊から無料で配布しています。

想いを伝える折り紙セルフマガジンの申し込みフォームからお願いします。

 

www.youtube.com

YouTubeで折り紙の配信をしています。チャンネル登録してくれたらよろこびまーす。

 

Facebook

折り紙クリエイターshoko (@shoko61033816) on Twitter

www.instagram.com

 

www.instagram.com