折り紙クリエイターshokoの 折り紙の日々

折り紙が1枚あれば、5分後には何かが出来上がっています

占いが大嫌いな私がたった1度だけ人生を占いで決めたお話

私、占い大嫌い。

正確に言うと大嫌いでした。

小さい頃から血液型占いとか星座占いとかテレビでやっていると消してました。

なんでかって?

信じすぎちゃうから。依存しそうな自分が嫌だから。

 そして。

決定的に嫌いになった出来事は看護師として就職したあと。

患者さんや患者さんのご家族は、病院でショックなことを言われることが多々あります。

癌です。とか、治療として手術は出来ません。とか、余命はあと数ヶ月です。とか。

それと占い何が関係あるの?と思います?

当時私が働く病院の周りは宗教の勧誘や占い師さんがたくさんいました。

ショックなことを言われたあとにその人達は優しく近づくんです。

「私のいうことを聞けば娘さんは必ず治りますよ。」

「これを買って毎日祈れば必ず助かります。」

そんな人がたくさんいました。

私たち医療従事者は100%治ると断言することはできません。

それは嘘になるからです。

でも。

患者さんやご家族は

「あの人は絶対治るって言った。これをやれば助かるんです。あなたは何もしてくれないくさせに。」

そう言ってかなりの額のお金を使う方が1人や2人ではありませんでした。

当時占い師と聞くと私はそうやって患者さんたちに近づく人の集まりのイメージ。

だから私はそんな人が(もう占い関係ないけど)大嫌いでした。

 

そんな私が一度だけ人生を占いで決めた出来事があります。

当時22歳。仕事が忙しすぎて倒れた私は看護師を続けるか悩みました。

よし、台湾に行こうと思いつき、旅行をしました。

当時22歳。

あー。仕事どうしようかな。占いで決めちゃおうかな。

だってここなら、また同じ場所にこれるとは限らないし、時間もかかるし。

と思い仕事を占ってもらいました。

引いた番号は19番。

結果は?

f:id:shoko-origami:20180219213107j:image

中吉でした。これ途中で「龍」という漢字が登場します。

今のあなたは中吉。でもこの仕事続けてみなさい。龍に変わっていくから。

最初に大吉が出るよりもいい結果。何を迷ってるのかしら。

そんなことを通訳さんを介して教えてもらいました。

そしてその占い師さんが続けたのは。

あなた、占い信じてないでしょ?そのくらいが丁度いいのよ。

占いはね、依存するためにあるわけじゃないから。ただのツール。

ラーメン食べる時にスプーンじゃ食べにくいでしょ?でもその人はスプーンしかないって思い込んでいたら?

お箸があるよって提案してるような感じ。 

あー。そっか。じゃあ看護師続けよう。

そう思い日本に帰ってきてから私は退職願を書く代わりに看護の勉強をもっとしていました。

 

私が今占って欲しいなと思っている方が2人います。

1人目は手相王子。これだけ清潔感のある男性はいないと思う。

teso-commu.com

もう1人は星見かおるさん。3月に会うのー♡

ameblo.jp

 

折り紙の配信をはじめました。見てくださったら嬉しいです。

www.youtube.com

 

f:id:shoko-origami:20180129220704j:plain

セルフマガジンができました。

1冊から無料で配布しています。発送までに1週間程度お時間をいただきます。

下記の申し込みフォームからお願いします。

https://ws.formzu.net/dist/S86073143/