折り紙クリエイターshokoの 折り紙の日々

折り紙が1枚あれば、5分後には何かが出来上がっています

海外に行く時にオススメする日本のお土産

海外に遊びに行ったりホームステイをする時にオススメしたいのはオリエステルの折り紙です。

折り紙で鶴は有名ですが、オリエステルの折り紙は鶴の中に鶴がいるのが作れます。

こんな感じ。

f:id:shoko-origami:20180125055421j:image

一番上の鶴の中の鶴が作れますが、紙を切って作っていけば小さいのも作れます。

下にある鶴は2㎝×2㎝の正方形から作っています。

商品はこちら。

 

origami.olyester.net

透明な折り紙はそのまま15㎝×15㎝

カラーの折り紙は4分の1に切って7.5㎝×7.5㎝

の大きさで作ると写真の一番上の鶴が出来上がります。

 

私がオリエステルの折り紙が好きな理由は他にもあります。

折り紙の中でダントツで裁断が丁寧です。

折っていくときに裁断が雑だと角と角があわずに綺麗にできないことがあります。

でもオリエステルの折り紙はそれがありません。

もともとは東洋紡とういう繊維の会社。その会社が折り紙も販売しています。

海外にいくときに絶対喜ばれますよ💕

 

f:id:shoko-origami:20180126204820j:image

中の色を変えたらまた違う表情に。こちらはゴールドのバージョンです。

オリエステルの折り紙は素敵なんだけど、パッケージもっとこだわったらもっと素敵なんだけどなーと思う私です。

折らせてくれないかしら。