折り紙クリエイターshokoの 折り紙の日々

折り紙が1枚あれば、5分後には何かが出来上がっています

私の折る折り紙が

f:id:shoko-origami:20180123222810j:image

私は可愛い文房具が好きなんだけど。
それは、ちょっと自分の世界が作れるし、落ち込んだ時にそれを見たり使うと気分があがる。

私の折る折り紙が。
誰かのそんな存在になったら良いなって。
ちょっとそんな夢をみている。

母がくれたファーストジュエリー

f:id:shoko-origami:20180121171913j:image

 

最近Facebookでお友達になった方で、田中オリエさんという方がいらっしゃいます。

セルフマガジン優秀作品賞を受賞された方です。

どんなセルフマガジンなんだろう。とワクワクしながら申し込み、ポストに入っていた時の私の顔は満面の笑みでした。

中身を拝見して、私の知らないジュエリーのことがたくさん載っている。

自分に必要なジュエリーが分かるチャート式やリフォームジュエリーのこと。

私はジュエリー屋さんに行くとどうしても売りつけられるのでは?という気持ちがあります。

でもこのセルフマガジンはオリエさんの人柄も伝わってくるし、わかりやすい。

 

読んでいて私が嬉しくなったのは。

お子様へのプレゼントにの場所に。

18歳 ファーストジュエリー

と記載があったこと。

 

私は前にも自分の誕生日に自分のことをブログに書きましたが。

高校入学の時に母から放課後の音符という一冊の本をプレゼントしてもらいました。

写真で分かるようにカバーはなくなり、何百回と読んだ本。高校の時、カバンの中にいつも入っていた本でした。

高校卒業式の日。母は私にこの本の話をしてくれました。

後書きに書かれている山田詠美さんのメッセージ。

悪い大人は、時間、お金、感情、すべてにおいてケチな人々のことです。学生時代は友情や恋にうつつを抜かして無駄遣いの道具としてこの本が役立ちますように。

そんなことが書いてありました。

母からは、

「祥ちゃんもたくさんの無駄遣いをたくさんして、人生を思いっきり楽しんでね」

その言葉と共に、リボンの指輪をプレゼントしてくれました。

元は祖母が持っていて、母にプレゼントされ、私にやってした指輪。

小説の中では、主人公のパパが、大人の女性に近づけるようにとプレゼントしたのは香水。

私は、18Kの指輪でした。

 

ジュエリーは、身につけるだけでハッピーになる魔法です。

落ち込んだことがあっても、鏡の前でそのジュエリーをつけている自分を見た時に、思う気持ちはどうだろう。

私にとって、高校時代、放課後の音符はお守りのような本でした。

いつか時を重ねて使えなくなってしまったジュエリーに命を吹き込んでくれる方がいます。

オリエさんのセルフマガジンの申し込みフォームはこちらです。

1冊から無料で配布してくださいますよ♡

https://goo.gl/forms/RvKegdfiMhRkS8c13

春が恋しい

f:id:shoko-origami:20180120141608j:image

夏になると冬が恋しくて。
冬になると春が恋しくなる。
春の洋服、春のメイク。

そんな感じで春らしい折り紙。
封筒です♡

同級生のお見舞いに皆んなで作った薔薇を贈った話

f:id:shoko-origami:20180119203110j:image

 

きっかけは昨年。

かさこ塾を卒業して、私がブログに折り紙で作った薔薇の花を投稿した後、メッセージをいただいた。

 

娘が学校のパソコンでshokoさんの薔薇を見て、欲しいと言っています。

千円払うと言っています。娘に売ってくれないでしょうか?

私は失礼ながらその子のお小遣いを聞いてみた。

きっと一生懸命貯めたお小遣い。

少し待っていて欲しいと返事をした。

f:id:shoko-origami:20180119203709j:image

今年に入りセルフマガジンが完成。

もし良かったら、薔薇の作り方を載せているし、無料で何冊でも配布しているのでと連絡をした。もっと薔薇を作りたい場合、どんな折り紙の種類を使えば良いか、全部お伝えもした。

 

昨日連絡をいただき、クラスメイト全員で作ったそう。

 

おかっぱミユキちゃんの描いてくれた絵は可愛いねと話題になり。

情熱フォトグラファーさかぼーの写真はすっごい綺麗!と話題になったらしい。

 

何でクラス皆んなで作ったんだろう?男の子は興味ない子もいるよな?

と思ったら。

クラスメイトが入院していて、生花のお見舞いはダメで、でもお花をプレゼントしたくて皆んなでその子に向けて薔薇を作ったとのこと。

 

私のセルフマガジンが、誰かがどこかでハッピーになっているなんて。

そんな最高なことってないと思う。

 

売っても良かったかもしれない。

でも、私はそれが出来なかった。勿論気持ちは本当に嬉しかった。

でも折角なら作れるんだ!って知って欲しかった。

 

かさこ塾を卒業して、かさこ塾長はセルフマガジンを作ると良い、とアドバイスをくれた。

どんな風に良いかは作ってみて初めて知った。

 

f:id:shoko-origami:20180119204429j:image

セルフマガジン「想いを伝える折り紙」

申し込みフォームはこちらです。

1冊から無料で配布しています。

https://ws.formzu.net/dist/S86073143/